それぞれの特徴

very much pills on table

女性の中にはパートナーとの避妊について不安を抱えている人も少なくないはずです。ですが、男性との関係を壊したくないという思いから、男性に対して強く要望を出来ない女性もいるでしょう。ですが、望まない妊娠をするわけにはいきません。どうしても男性に要求できない女性はピルを利用することをお勧めします。ピルは女性一人で完結することができる避妊方法です。女性が気をつけて利用していれば、妊娠を防ぐことができるんです。これを利用していれば、男性との関係がこじれることもないでしょう。
ピルは大きく分けて二つの種類があります。性行為の前に利用しておく、低用量ピルと性行為の後に利用するアフターピルです。この低用量ピルとアフターピルの二種類は同じピルでも効果や性質は大きく違います。ですから、二つの種類のそれぞれの特徴についても知っておく必要があるんです。
性行為前に服用しておく低用量ピルは正しく利用すれば、完全に避妊をすることができます。しかも副作用は一切ありません。女性が日常的に利用するのであれば、この低用量ピルを選択するのがいいでしょう。
もうひとつの種類であるアフターピルは、注意事項がいくつかあります。まずは服用するタイミングです。アフターピルは性行為後の72時間以内に服用しないと効果がないんです。しかも、避妊できる確率は100%ではないんです。アフターピルはわずかではありますが、妊娠のリスクがあることを理解しておきましょう。さらに、副作用のリスクも高いというデメリットもあります。頭痛や吐き気を感じる方が多いんです。
避妊のためにピルの利用を考えている女性は、低用量ピルとアフターピルの二種類からどちらを選ぶかをよく考えるようにしましょう。